簡単な自己紹介をする

固くなりすぎないよう注意する

結婚相談所を通しての会話をする場合、注意したいのが必要以上に固くなりすぎないことです。友人や知人と話すことに苦手意識はない方でも、結婚を意識した初対面の相手に対する会話に慣れておらず、不用意な会話を始めてしまうケースは珍しくありません。印象を良くするためには第一印象をよくする必要がありますが、マナーを意識しすぎると固い人のように見えてしまうため注意しましょう。特にやってしまいがちなのが、ビジネスで普段話しているかのように自己紹介をしてしまうパターンです。相手は上司でも取引先でもないため、ビジネスで普段行っている会話の始め方をしてしまうと、逆に浮きかねません。失礼にならないようにしつつ、親しみやすさも意識しましょう。

image

プロフィール欄の会話は少し待つ


結婚相談所に登録したプロフィール情報を予め交換するため、簡単な概要についてはお互いに理解しているはずです。しかし、だからといっていきなり趣味の話を展開したり、プロフィール欄に記載されている情報ばかりを尋ねるのはNGです。最初は世間話でも良いので会話の取っ掛かりを見つけることで、スムーズに会話をできる土台を作りましょう。世間話の内容は一般的なものでも問題ありませんが、あまり頭の中でシミュレートしすぎるとかえって会話に詰まりかねないため、深く考えすぎず会話を始めると良いでしょう。その後、お互いに場の雰囲気に慣れてきたら、いよいよプロフィールに記載されている情報についてお互いに会話を弾ませれば問題ないのです。

結婚相談所を横浜で探すにはインターネットで検索したあとに相談所を訪れる方法があります。予約がないとすぐに対応できないこともあるため、あらかじめ電話やメールで連絡をいれておくと確実な対応が受けられます。